konotami blog

【木工家 富井貴志のブログ】 展覧会情報、日々の制作、作ったものについて、などなど。

August 2008

higurashiとhidamari。hidamariの上にはmamekuru maru、mamekuru ume、shikimonoと、アンティークのグラス、同じく古い白磁。hirgurashiの上にはキリムのクッション。 瓢箪で器を作ろうとして失敗。やはり、自然のものにはある程度「こうしなければいけない」というルール ...

壁に漆喰を塗って、やっと望月さんの型染を飾る場所ができました。娘が生まれてすぐに手に入れた型染は、将来家を離れる時に(もちろん離れてほしくはないけれど)持って行ってもらうもの。きっとすぐに大きくなるのだろうな。僕の妹が先日二十歳になりました。ひとまわり離 ...

先日、木下宝さんの展覧会が開かれているマンマミーアさんに行ってきました。その前に手に入れた片口がとてもきれいでかつ機能的だったので、今回もとても楽しみにしていました。タンブラーとミルクピッチャーを持ち帰りましたが、タンブラーはまるで揺らぎながら自分で上へ ...

清水さんから頂いた李朝の墨壺と魯山で買ってきた片口。 墨壺は芯持ちのおそらく細い木から削りだしてあり、裏面にはどのように使ったのだろうか・・・蟻溝が彫られている。さまざまな方向からの鑿跡と刃物が切れずに欠け飛んだ痕跡。四角と丸が同居している。 片口は ...

壁塗りと梅干しが同時進行。我が家は鴨居の上などは黄土色の砂壁、土壁部分には化粧合板が貼りまくってあったり、窓も北側だけアルミサッシになっていたりして、要するにめちゃくちゃ。奥の部屋は待庵のような趣のある壁ですが、とてももろそう(そして暗い)で、悩ましい。 ...

↑このページのトップヘ