DSC_0962
桃居での個展に出品した栗の片口。友人のところに納まりましたが(ということはそのうち使える機会がある)、実際に見るとなんだかすっとぼけた形をしていて喋り出しそう。とても気に入っていました。容量も大きいので飲み過ぎてしまいそうですが、お酒はほどほどに。

昨晩久しぶりに家で日本酒を飲みました。最近は手に入りやすいスーパーで売っている新潟のお酒を開拓しており、昨日は吉乃川酒造のPAIR。ラベルから軽めなお酒を想像しましたが、アルコール度数は12度と低め。淡麗甘口といった風な飲み口ですが、後味に米の旨味がフワッと感じられて意外に良い。価格もお手頃なので興味のある方はお試しあれ。