2020 toukyo
7月3日より毎年恒例になりますが、西麻布の桃居での個展です。いつものようなかたちで個展を開催できるのは2月以来なのでとても楽しみにしております。只今最後の追い込み制作中です。

富井貴志 木工展
2020.7.3 Fri. - 7.7 Tue.
11:00 - 19:00 (最終日は17:00まで)
在廊日 : 7.3, 7.4
桃居
東京都港区西麻布2-25-13

案内状の写真は今年もtoboさんです。春の国展に出品するために作った欅の箱です。様々な新作と一緒に皆様のお越しをお待ちしております。
桃居さんも本日からようやく店舗再開とのこと。山田洋次さんの個展が始まります。ぜひお出掛けください。

以下、桃居ウェブサイトに掲載いただいている本展へ向けての思いです(今月初めに書いたもの)。

---------------------------
個展が始まるひと月後は世の中どのようになっているのかなと思いながら書いています。

今回もホリホリホリホリしていますが、海岸で拾った流木に模様を彫るだけということも始めました。人の手が加わることで、自然の造形のまま形変わらずとも全く違ったものになることに、人以外のものと人との関係性を発見し、彫模様の仕事に一層面白みを感じています。

細かい模様を彫り続けることへの反動からか、あっさりとした拭漆仕上げのものづくりにも心躍るようになりました。自分の中心から出た幾本かの手の上にものを作り上げて、バランスを探る毎日。新しく作ったものをお楽しみいただけましたら幸いです。