FullSizeRender
刳物の皿や鉢を作るとき、外側の荒削りには電気鉋を使っています。鑿で叩くことも出来るのですが、薄く仕上げなければいけないものなどはどうしても怖い。電気カンナの方があとの仕上げ仕事もやりやすい(ものが小さすぎると使えませんが)ですし、手鉋と比べると切削量は圧倒的です。

うちのものは替刃式ではないので、切れ味が悪くなる前に刃を研ぎます。マキタのものはこのような治具に嵌め込み、2枚同時に研いでいきます。研ぎはあっという間なんだけれど、取り外しと取り付けが少々煩わしいです。