IMG_1922
昨日は戸隠山から乙妻山まで縦走してきました。先月高妻山登山後に戸隠神社奥社から見たギザギザの戸隠山が忘れられず。想定では気持ちの上での核心部は蟻の塔渡り。体力的核心部は高妻山の登りだったのですが、結果まさにその通り。今年初めての単独行だったので、現状の体力・技術確認も兼ねての楽しい山行でした。

IMG_1873
朝2:30前に家を出て、戸隠キャンプ場前の登山者用駐車場に4:30前に到着。準備運動を済ませて4:40に戸隠神社奥社方面へ出発。

参道を行くと前方にザックを背負った人。10日から夏山登山相談所が開設されるとのことで、担当の方でした。色々とお話ししながら進みましたが、今年も蟻の塔渡りで滑落があったとのことでした(右に落ちて引っかかったので助かったとのことでした)。

IMG_1874
奥社に到着。背後の山に心踊ります。お参りして手前左手の登山口で登山計画書を提出し、登り始めます。登山開始は5:23。

IMG_1884
IMG_1887
IMG_1888
天気が良くて眺めも最高でした。あっという間にテンションマックス。

IMG_1891
5:50、百間長屋に到着。ヘルメットを着用。

IMG_1893
IMG_1897
百間長屋を過ぎると鎖場の連続。今回は鎖を使わないと決めていたので、ひたすら岩を掴んで登ります。

IMG_1899
IMG_1902
IMG_1906
IMG_1907
IMG_1908
IMG_1914
胸突岩を登りきるとすぐに。。。

IMG_1916
6:15、蟻の塔渡り。怖いのだけれど楽しいことも確か。怖がりすぎても足がすくんでしまうし、楽しさが勝ちすぎて気が緩んでしまってもいけない。程良い緊張感で無事に渡りきることが出来ました。

IMG_1927
振り返る。ほっと一息。

IMG_1928
IMG_1929
少し登って八方睨。

IMG_1936
IMG_1947
6:37、まずは戸隠山に登頂。後ろの高妻山が美しい。登山口から1時間14分。あっという間でしたが、濃密な時間でした。

IMG_1953
この時間は槍ヶ岳も。

IMG_1954
後立山連峰も綺麗に見えます。

IMG_1962
右側が切れ落ちた縦走路。細かいアップダウンを繰り返しながら進んでいくと、右手からガスが発生してきました。

IMG_1963
7:03、九頭龍山。

IMG_1965
7:31、一不動。ここまで何も食べていなかったので、少し休憩して簡単な食事。この先、高妻山山頂までは先月も歩いた道です。アップダウンと最後の急登。

IMG_1971
8:07、五地蔵。8:09、五地蔵山山頂。

IMG_1984
九勢至。ここから先が急登です。

IMG_1987
IMG_1988
前日やったスクワットの疲れとここまでのアップダウンでかなり脚がやられていて、この登りがとにかくキツかった。50歩進んで10数え終わるまで休む、ということを繰り返す。九勢至からの登りが最もペースが落ちた区間になりました。

IMG_1992
IMG_1993
9:20、高妻山登頂。また後程戻ってくるため、少々留まりすぐに乙妻山へと向かいました。

IMG_1994
高妻山直下。前方を望む。険しい岩場で驚きました。

IMG_1995
IMG_1998
IMG_1999
IMG_2004
IMG_2006
IMG_2011
火打山山頂が見えます。
妙高山は雲の中。

IMG_2012
高妻山を振り返る。

IMG_2021
10:00頃、乙妻山登頂。もうお一方いらっしゃったので、しばし山話。ラーメンを食べて30分ほど休憩の後、高妻山へ戻ります。

IMG_2036
IMG_2043
高妻山への登り。反対側とは全く違った風貌です。

IMG_2049
11:06、再度高妻山。

IMG_2053
IMG_2056
一不動に12:20。下りでも何度も登り返しがあるのですが、脚はかなり回復。今回の下山はこちらから。もう一本の弥勒尾根新道は前回通ったことと、4リットル持っていった水が残り少なくなり、この下の氷清水を補給する必要があったため。

IMG_2058
沢を下ります。帯岩をトラバースした後、滑滝。

IMG_2059
ここでも鎖を使わずに通過。

IMG_2062
あっという間に牧場。

IMG_2063
キャンプ場は色とりどりのテントで賑やかでした。先日の上高地ほどではないですが、山とのギャップがすごい。
13:20下山。時間があったので、下山も戸隠山からしようかと迷ったのですが、疲れた体でもう一度行って何かあると困るし、計画と違うことをするのはやはり危険と判断。水のこともあったので正解でした。

16:00前には帰宅。夜は蟻の塔渡りを渡る動画を子供達に見せつつ、山行を振り返りながらビール。久々に単独でのハイスピード登山でしたが、とても充実していて満足度の高い一日でした。