今更ながら Michael Moore の Where To Invade Next を観ました。これ、邦題が 『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 というなんともトンチンカンで全く彼が言いたいことが伝わらないタイトルに苦笑してしまいますが、とてつもなく良いドキュメンタリーで、アメリカ人ももちろんだけれど日本人が観たほうが良いと思います。それにしてもこの邦題はないよなー。と思っていたけれど、それほど間違ってもいないかとも思えてきました。ただ、「これまで無意味に繰り返し侵略をしてきたアメリカ」という意味が伝わってこないのは確かです。

もちろんすべての国は問題を色々と抱えているわけだけれど、その問題をきちんと分析して解決していこうとすることが大切なのだと教えてくれる映画でした。うちの仕事も問題だらけ。まずはここから解決していこうと思います。