image

辰秋マッチ。木工家の冬の必需品です。笑

image

昨冬作ったちりとりもいい感じ。

この冬の自宅の暖房をどうしようか悩んでいました。昼間は昼食時以外は2人ともほとんど工房にいるので、薪を燃やし続けて普通の感覚では暖かすぎる状態を維持しても無駄だなと。薪ストーブは子供たちが帰ってくる夕方から寝るまでにすれば、2階が暑くなることもなく、むしろ快適なのではないかと考えています。就寝時にも特に薪をくべないで、早朝にエアコンがON、8時にOFFで十分なのではないだろうか。真冬の一日中大雪のような日では心許ないですが、ほとんどの日はこれでいけそうな気がしています。まずはしばらく試してみようと思います。

近頃は夕方から寝るまで薪ストーブを焚いているだけです。それにしてもネスターマーティンのストーブは表面温度が高すぎず、炎が美しいので、気候が我が家くらいの地方の現代の家には本当に良いストーブです。ガラスもお客さんがくるときにはクリーナーで拭き取りますが、それとて最高に綺麗にするためであって、掃除なしでもほぼクリーンです。
image

ちなみにこれ、昨冬の使い終わりにも今年の使い始めにも掃除してません。あまりに気に入っていてネスターの回し者みたいですが、これは大谷さんに勧めていただいて本当に良かったです。バーモントキャスティングスのストーブなんか入れてたら暑すぎて困るところでした。