独立してから登った高山は焼岳のみということで、最近高い山に登っていませんでしたが、新潟に来て山が近くなったのでまずは巻機山に登ってきました。高専時代からバリバリの理系ですしどちらかというとオタクっぽく思われているかもしれませんが、子供の頃から実は体力バカで、高山時代からは登山にはまっています。登ったのは7月13日。フェーン現象で我が家のあたりでは36℃まで気温が上昇。もちろん山の上は別天地で眺望も最高でした。

IMG_2441

久しぶりに山に近づきテンション上がる。十日町から峠を越えて南魚沼に入ったときに八海山がバーンと視界に入ってきて、目的地を変更しようかとも思うけれど思いとどまる。後々この判断が功を奏すのですが。

IMG_2524

登山口。沢コースはだめらしい。もともと井戸尾根コースで行く予定だったのでよし。

IMG_2525

いろいろとルートがあります。小さい頃叔父に連れられて沢のコースに行ったことがあるのですが、とにかく恐ろしくトラウマのようになっています。

IMG_2455

しばらく行ったブナ林。ブナしかありません。実は登り始めて30分ほどで登山靴が壊れ始めるというアクシデントが。。。前の家で湿気が多いところにほとんど使わないで置いていたので、引っ越して靴が乾いたところで使われて壊れ始めたらしい。まずはソールがはがれる。テーピングがあればぐるぐる巻きにして応急処置ができたかもしれないが、こんなことになるとは露程も思っていなかったので、どうにもならない。ソールが完全にはがれると登山靴の中は地下足袋に裏に硬いプラスチックが張り付いたようなインナーを紐がついていて頑丈そうなアウターが覆っている構造だということが分かる。次にインナーがアウターからはみ出してきてプラスチック面で地面を捉えながら(要するにスリップしながら)必死で登ることとなるのである。

IMG_2462

たまりません。

FullSizeRender

たまりません。

IMG_2517

靴がひどい状態であるにもかかわらず順調に歩を進めてニセ巻機を越えたところ(だったと思う)。

IMG_2474

最後の登り。美しい。

IMG_2495

9時20分頃登頂!2時間15分程度で登りました。靴が壊れていたことを考えるとかなり早い。太ってきたけれどまだまだいけるなとほくそ笑んだのです。この写真、よく見ると富士山も見えています(実際はとてもよく見えた)。わかるかな。
少し休んで荷物を降ろし牛ヶ岳への稜線散歩。

IMG_2508

魚沼三山とニッコウキスゲ。

IMG_2482

最高です。

下山しても暑いばかりなので、ずっと上に居たかったのですが、靴の状態がひどく下りにどれだけ時間がかかるか分からないので11時くらいに下山開始。しばらくするとプラスチックの部分も外れて、ソールのない地下足袋状態に。上りよりも時間をかけてなんとか下山。

IMG_2523

この状態でよく歩いた。もう再起不能なので新調します。この靴は13年前から使っていたもので、これまでのほとんどの山行を共にした思い出の品です。幻覚を見た大キレット日帰りも、充実していた槍ヶ岳北鎌尾根もなつかしい。どうもありがとうございました。
この夏は山に登るぞ!と誓った巻機行きでした。