9beecb46.jpeg今日は朝一で車から家まで薪を上げる。一輪車でひたすら。すぐに脚がパンパンになる。こういうときに坂の上の家というのは大変だなと実感する。でも引っ越し前に運んだ畳に比べれば軽いもの。薪はあと何往復すればよいのだろうということが少しだけ頭をかすめた。

9時から大家さんの稲刈りをお手伝い。現代農業の象徴とも言うべき稲刈り機は恐ろしくうまくできていて、それだけで感心するのだけれど、それでも人がやることはまだいろいろとある。機械がすることと人がすること。とても面白かった。そしてとても疲れた・・・。はやくうちの大根の種を蒔かなければというところで、雨がパラパラ。空の隙をみて、早くやらなければ。冬の食糧難は避けたい。

こんな風な最近ですが、新しいものもいろいろと作っています。特に工房からの風では実験的なものも含めて持っていきますので、ぜひお立ち寄りいただき、お声掛けいただければ幸いです。