sanjaku.JPG実家へ帰って、浅原神社秋季大祭の奉納花火を見てきました。いわゆる片貝まつりです。

ここ数年は桟敷を取ってもらっているので毎年見ていますが、今年は天気、風向きともに抜群。素晴らしい花火が見られました。桟敷で見ないと片貝の花火は味わいつくせません。今年は前から三番目の枠でいつも以上の迫力。お決まりの「尺、尺でございます!」のアナウンスとともに基本は尺玉という大玉が続きます。画像は9日2発目の正三尺玉と還暦のスターマイン。今年の還暦花火はかなり早い時間帯から尺玉のみ。画像でもほんの少しの時間差で次々と打ち上げられているのが分かると思います。四尺玉はちょっと形が悪かったけれど、すべてを揺さぶる音はいつもどおり。今年も満喫させていただきました。

kanreki.JPG今では「山の片貝 川の長岡 海の柏崎」と言われて、越後三大花火と称されていますが、僕が小さい頃、片貝の花火は今のように観光客がたくさん訪れるような花火大会ではなくて、もっともっと地域のお祭りという色合いが濃かったように思います。今ではほとんど聞かなくなってしまった爆竹の音もすさまじくて、片貝まつり=怖いと子供心に思ったことを覚えています。とは言っても、今でも地域のお祭り。他の花火大会とは違ったものを求めている方、ぜひ一度ご覧ください。花火は毎年9月9日および10日です。