先日茨城県の笠間へ行ってきました。友達(toboのお二人)に勧められて小川甚八さんのお店に行ってきました。今回笠間で見たものの中では一番心に残りました。今使っている急須も美しく気に入っているのですが、甚八さん急須の人間臭いカタチは絶対に飽きが来ないはずで、とても心惹かれます。

8日にはいけばなユニットtoboさんhttp://www.u-tobo.comのところにお世話になりました。旦那さんとは大学の研究室時代からの付き合い。今ではすばらしい研究成果もあげています。奥さんとも初めてお会いしてから6年ほどでしょうか。お仕事でもお世話になっています。そしてお二人の生ける花はとても良い。これは大切です。とても面白いお二人で、ものをつくることの意味について考えさせられた滞在でした。学生時代、バイト代のほとんどを調理器具や器に散財していた僕に向かって「その鍋を買うなら、こっちは100個買える」などと言っていた旦那さんも、今では人間国宝の花器を買ったかと思えば、あやしいお店から安くて良いものを掘り出したりするまでになっており、まあ結局やっぱり好きだよねということでしょうか。好きだから器を買うし、好きだから器を作る。難しいことを言わなくても、これでいいような気もします。