初めてのものを作るときにはドキドキする。まだカタチもしっかり定まっていない中、芯を失うことのないように、右へ行ったり左へ行ったり、時には後ずさりしてみたり。今日は朝から3時くらいまでものづくり。まずはカタチの決まったもの。カタチは決まっているけれど、彫り方はそのときの気持ちが反映されている。今日のものはとてもピシッとしている。次に初めてのもの。概形はごくごく単純なのだけれど、細かいところをどうしていくか。そういうことが大切だ。