今夜は持っている椅子についてちょっと書き物をしてみた。真面目に何かについて書くということは、僕みたいに絶対的知識量の不足している人間にとっては、勉強しないとある程度以上書けないために、とてもためになる行為だ。ということで、今回も自分の空っぽ頭をフル回転させて、本も読んだりしながら書き進めたわけだけれど、なかなかよいものができたのではないかと思っている。下手くそだけれど、文章を書くことはとても好きだ。